スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近鉄吉野特急「青の交響曲」を撮影

近鉄南大阪線・吉野線に登場する観光特急「青の交響曲」
9月10日から運行ということですが、すでに体験乗車が行われているようです。
ググってみると、乗車プラン付きのツアーが発売されていたりしますね。

濃紺に金色のラインの車体はとても綺麗で高級感溢れる造りですし、車内の豪華さも見事です。
「しまかぜ」が明るく爽やかさな車内を演出しているのに対し、こちらは重厚感を感じる内装でした。
乗車できる日が楽しみです。

_D3_8108.jpg
引込線から阿部野橋へ入線。

_D3_8116.jpg
阿部野橋を出発

_D3_8134.jpg
大幅リニューアルで豪華に仕上がっていますが、顔が通勤電車っぽいままなのは少し残念。
大幅に作り変えると大変ですが、ヘッドライトぐらい付け替えても良かったかな〜と感じました。

6時間ほど撮影に行き、合計3回「青の交響曲」に出会いました。
定期運行が始まった際には、吉野川橋梁で撮影したいものです。


撮影データ
Canon EOS 1D mark III
EF 100-400mm f4.5-5.6L IS II USM

banner_88_31_1.png にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
スポンサーサイト

ようやく ”しまかぜ”乗車

近鉄が誇る観光特急”しまかぜ”
出張の際に乗車してきました。

MX1_1449.jpg

乗車したのは1号車。先頭車両ではありますが、伊勢からの帰路だったので最後尾です。
車内に入ると、まず目に飛び込んできたのは豪華なシート。
サイズがゆったりしており、本皮を使った素材も鉄道車両のシートとしては最高レベルの豪華さです。
シートピッチ125cmの余裕はすばらしく、シートを大きく倒しレッグレストも使ってゆったりと過ごすことができます。

MX1_1450.jpg

シートは電動リクライニングで、ランバーサポート(腰のサポート)の強弱も電動で調整可能。
この機能を利用して、腰のマッサージ機能がついているのは驚きです。
サンシェードも電動で上下します。

コンセント完備は今では当たり前となりましたが、しまかぜではWiFiも完備。
さらに、WiFiで前面展望や音楽等が楽しめるサービスまであります。

シートバックには、座席で注文できるメニューがありました。
車内販売が縮小される今、アテンダントがおしぼり、乗車記念証、注文のデリバリーなどをしてくれるというのは、とても贅沢している気分に浸れます。

MX1_1452.jpg

3号車 カフェ車両にも行ってきました。
空いている1階を選びましたが、ソファーのゆったり度はこちらが圧倒しています。
展望も新幹線のように防音壁が続くわけではないのでまずまず。
座席でWiFiで楽しめるコンテンツが、ここでは大画面で楽しめます。

味は、期待が大きすぎたのか、まあまあといった感じでした。
法外な価格を請求されるわけでもなく、長い乗車時間のちょっとした気晴らしにはいいかなという感じでした。

MX1_1448.jpg

前面展望はご覧のとおり。
最前列に乗車して、前面展望を楽しむのもいいですが、WiFiの前面展望もなかなかのものです。

今回の乗車は、鉄道にはまったく関心のない部下と一緒でしたが、彼も興奮気味に乗車していました。
こういう豪華列車は縮小の方向ですが、本数を限定して運用すればまだまだ需要はあるということを実感できました。
新幹線をはじめ、特急列車はコストや効率重視という方向に進んでいますが、特急列車はやはり特別な存在であってほしいものです。

撮影データ
PENTAX MX-1 P ISO AUTO

banner_88_31_1.png にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

京阪電車 天満橋の夜景

MX1_0304.jpg

大阪は水の都。
そんな水の都らしい風景と絡めて鉄道を撮影できるポイントは限られている。

京阪電車が大川沿いを走る区間はわずかだが、ここは広い川幅の川の合間にマンハッタンのように高層ビルがそびえ、大阪の鉄道風景を代表するポイントのひとつとなっている。

出張帰りに立ち寄った天満橋で撮影。
今は仕事鞄に忍ばせたコンデジが、ときどき行く気晴らしの相棒となっている。

撮影データ
PENTAX MX-1 Av f2.2AE ISO AUTO(100-800)

banner_88_31_1.png にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

夕暮れの汐見橋駅

MX1_0034.jpg

夕暮れの南海汐見橋駅。
かつてターミナルだったこの駅は、今や町外れに残された昭和の遺産である。
地下鉄なにわ筋線へのアクセス路線として浮上したかと思えば、なにわ筋線へは難波からアクセスすると計画は一変し、いつまでこの状態で残されるのか、先行きは明るくはない。

それでも、この駅には惹きつけられる魅力がある。
都心の起点駅として、ターミナルだった頃の名残があるからだろうか。
阪堺恵美須町とともに、少しでも長くその姿をとどめておいて欲しい駅である。

banner_88_31_1.png にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

近鉄南大阪線・吉野線 16000系を撮影

_D3_3403.jpg

近鉄南大阪線・吉野線の顔として長年活躍してきた16000系。
京阪特急3000系、阪急京都線の6300系と同様、特急=16000系というほど、
沿線住民には馴染みのある車両でした。

同世代の車両が次々と引退する中でも、この車両はしぶとく生き残ってきましたが、
26000系さくらライナー、16400系ACE、16600系Aceといった後継車両に少しずつ置き換えが進み、
16000系に出会う確率も下がってきました。

撮影も今のうちだと思い、今日は半日ほど撮影に出かけたのですが、16000系の撮影チャンスはわずか1回。
貴重な4両編成を撮影できました。

なかなか時間を確保できないのですが、今年は吉野川を渡る4両編成を撮影しておきたいと思っています。

banner_88_31_1.png にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

 | HOME |  »

プロフィール

ROUTE 25

Author:ROUTE 25
関西を中心に取り溜めた写真を公開しています。

↓ブログランキング参加中
banner_88_31_1.png にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

↓PHOTOHITOにて画像公開中

PHOTOHITOブログパーツ


FC2カウンター


カテゴリ

ごあいさつ・リンク紹介 (20)
鉄道写真 JR西日本 (131)
鉄道写真 JR西日本(阪和・紀勢) (37)
鉄道写真 阪堺電車 (15)
鉄道写真 関西私鉄 (89)
鉄道写真 地方私鉄・市営交通・海外 (35)
ネイチャーフォト (9)
スナップ 都市風景 (12)
R25の機材部屋 (35)
R25の鉄道部屋 (19)
駅探訪・秘境駅探訪 (17)
その他 (2)
JR(除 西日本) (11)
鉄道写真 JR(西日本以外) (5)

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム


RSSリンクの表示


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。