スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬の高野山にて

_D3_5672-Edit-Edit-Edit.jpg

鉄道撮影のために何度も通った極楽橋。
極楽橋で降りて気になるのは、何と言っても朱塗りの極楽橋とその先に続く不動坂。

「この先はどうなっているんだろう?」
そんな思いで坂道を歩き、出会ったのがこの凍りついた湧き水。

冬の高野山では、大阪では見ることができない氷のアートが楽しめる。
スポンサーサイト

山上の楽園

_D3_8501-261.jpg

7月某日、六甲山上にて。
外界の猛暑を忘れるような涼しさでした。

神戸花鳥園で鳥を撮る

先週、家族で神戸花鳥園に行きました。
ここは花と鳥を楽しめる施設ですが、花はともかく鳥とのふれあいができるのは珍しく、
撮影も楽しめる施設ということで、今週は撮影のために一人で出直しました。

_D3_8162-66.jpg
ショーの目玉のハリスホーク。鷹の仲間にしてはやや小柄でしょうか。
このハリスホークがショーで観客の間すれすれを飛び交いますが、(実際には羽根がかすめていきます)
その様子を狙っていました。
ところが、1D3のAI SERVOでは全く追いつきません。
置きピンに変更して何度かピントが合ったショットを2枚ほどものにできましたが、
お客さんの顔も写ってしまいました。

動体に強い機種に買い換えた時にはリベンジしたいです。

_D3_8396-180.jpg

オニオオハシも1時半のショーに登場しますが、こちらは餌やり体験もできるため、コンデジでも撮影できます。
原色系のくちばしが色鮮やかで、黒い体ではありますが、存在感のある鳥でした。

_D3_8222-101.jpg

ショーにはフクロウも登場します。
この施設にはいろんな種類のフクロウがおり、身近な場所で撮影できます。
これも飛翔中の撮影は難しく、大量のボツショットを生産してしまいました。
結局、これも置きピン。

_D3_8163-67.jpg

例のフクロウをアップで。
こんな写真を撮れる場所はそうそうないでしょうね。

場所はポートアイランドの先っちょの方。神戸空港のすぐ手前です。
1500円と少々お高いのですが、鳥を撮るにはかなりオススメの施設です。
花の撮影結果については次回・・・

子供を連れて動物園へ

_MG_8797-71.jpg

すっかり撮影からご無沙汰し、家族サービスに明け暮れる毎日が続いています。
そんな中、パンダが大好きな子供を連れて王子動物園に行ってきました。
撮影は記念撮影中心ですが、それでも久しぶりの撮影チャンスということで一眼レフを持ち出しました。
いろんな動物がいますが、一番絵になると思ったのはクマでした。
檻の中の砂岩のような岩がいい感じです。
クマとのコントラストまで考えて配置されたのでしょうね。
一番身近な天王寺動物園もサバンナのように見える展示などがんばっているのですが、王子動物園は子供の頃の動物園のイメージそのもので、タイムスリップしたような感覚になりました。
桜も綺麗だし、園内に洋館もあるし、見所満載の動物園でした。

2012年 紀勢本線 撮り初め こぼれ話 荒船海岸の海霧

南紀の荒船海岸は海霧の名所として知られる。
朝焼けに染まる海霧の中を漁船が漁に出ていく様子が写真やテレビなどで紹介されている。
何度も南紀に足を運びながら、この海霧を撮影したことはなく、今回はあさイチのオーシャンアローが来る前に海霧撮影に挑んだ。

2012arfn0.jpg

海霧はよく冷えた朝に発生するという。朝4時にホテルを出て車を走らせると、国道沿いの気温計はマイナス3度と表示されていた。クルマを降りると、手袋をしていても手は革越しに寒さを伝えてくる。
日の出まではまだ少し時間があり、星空の撮影をしながら時間を潰すことにした。
強烈な冷え込みのおかげで空気中の水蒸気が少なく、見事な星空を撮影できた。

2012arfn1.jpg

そろそろ朝焼けが始まるかという時間を迎え、海霧の撮影ポイントに向かう。
すでにたくさんの先客があり、常連と見られる方は昨日まで出ていたと話していた。
今日も期待できそうだとワクワクして待つが、海霧は発生しなかった。

2012arfn2.jpg

2日目、この日も海霧を狙って荒船海岸へ向かう。
昨日のような星空が見えず、これは期待薄だと判断し、とりあえずホテルの露天風呂で朝風呂に浸かる。
露天風呂から空を眺めて待っていたが、一向に晴れる気配はなし。
これはダメかなと思ったが、せっかくなのでとりあえず荒船海岸へ向かう。
昨日のようなクルマの行列はなかったが、団体がバスで来ており、三脚の列は並んでいた。
たまたま隣り合わせた方と話しながら夜明けを待つ。

この日は予想通り全然ダメで、朝焼けすら拝めなかった。
とりあえず漁船の光跡を残すように撮影し、早めに荒船海岸を後にした。

今回は残念な結果に終わったが、これでまた南紀に足を運ぶ理由が残されたかなとも感じている。
次は少し長めの滞在にして、ぜひ海霧をものにしたいと思う。

 | HOME |  »

プロフィール

ROUTE 25

Author:ROUTE 25
関西を中心に取り溜めた写真を公開しています。

↓ブログランキング参加中
banner_88_31_1.png にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

↓PHOTOHITOにて画像公開中

PHOTOHITOブログパーツ


FC2カウンター


カテゴリ

ごあいさつ・リンク紹介 (20)
鉄道写真 JR西日本 (131)
鉄道写真 JR西日本(阪和・紀勢) (37)
鉄道写真 阪堺電車 (15)
鉄道写真 関西私鉄 (89)
鉄道写真 地方私鉄・市営交通・海外 (35)
ネイチャーフォト (9)
スナップ 都市風景 (12)
R25の機材部屋 (35)
R25の鉄道部屋 (19)
駅探訪・秘境駅探訪 (17)
その他 (2)
JR(除 西日本) (11)
鉄道写真 JR(西日本以外) (5)

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム


RSSリンクの表示


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。