スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EF-S 15-85mm f3.5-5.6 IS USM購入

今から遡ること約5年前、EOS 40Dを購入してデジタル一眼に本格的に移行しました。
その時、キットレンズはEF-S 17-85mm f3.5-5.6 IS USMと40Dと同時発売のEF-S 18-55mm f3.5-5.6 ISの2種類がありました。
フィルム時代は長く EF 28-105mm f3.5-4.5 USMを使ってきたこともあって、同じUSMを搭載してフルタイムMFも可能な前者に惹かれたのですが、広角側の画質の評判が今ひとつだったのと、新登場のEF-S 18-55mmが異様に安い上に価格以上の値打ちがあると感じてこちらを選択。40D本体にプラス1万で手に入れた標準ズームでした。

以来、1D3とEF 24-105mm f4L IS USM購入までは40D+EF-S 18-55mmがメイン機材でしたが、子供を追いかける上ではズームレンジもAFスピードも不足するようになり、置き換えを決意。
評判の良いEF-S 15-85mm f3.5-5.6 IS USMを購入しました。

121125-01.jpg

EF-S 18-55mm(左)と比べると、鏡胴は太く、ずっしりと重みがあります。
しかし、長さが短めにまとまっており、その重さが気になりません。
むしろ、40Dクラスにはこの程度の重さがちょうどいいように感じます。

AFの快適さは比較になりません。
また、レンズの造りがしっかりしているため、40Dのシャッター音やミラーショックまでが小さく感じられるようになりました。

121125-01-2.jpg

画質については、文句なしです。逆光にも強く、歪みもそれほど気になりません。
クローズアップにも強く、このレンズだけでもそこそこ寄ることができます。
あらゆる面においてレベルアップしているにも関わらず、ズームレンズはフルサイズ換算で24-135mm相当。
これだけのズームレンジをカバーしながらも画質が良いというのは感動モノです。

使い込んできた40Dが、一つ格上のカメラに生まれ変わったかのようです。
やはりカメラというものは、システム全体の完成度で語るべきものだと、今更ながら再認識しました。
スポンサーサイト

 | HOME | 

プロフィール

ROUTE 25

Author:ROUTE 25
関西を中心に取り溜めた写真を公開しています。

↓ブログランキング参加中
banner_88_31_1.png にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

↓PHOTOHITOにて画像公開中

PHOTOHITOブログパーツ


FC2カウンター


カテゴリ

ごあいさつ・リンク紹介 (20)
鉄道写真 JR西日本 (131)
鉄道写真 JR西日本(阪和・紀勢) (37)
鉄道写真 阪堺電車 (15)
鉄道写真 関西私鉄 (89)
鉄道写真 地方私鉄・市営交通・海外 (35)
ネイチャーフォト (9)
スナップ 都市風景 (12)
R25の機材部屋 (35)
R25の鉄道部屋 (19)
駅探訪・秘境駅探訪 (17)
その他 (2)
JR(除 西日本) (11)
鉄道写真 JR(西日本以外) (5)

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム


RSSリンクの表示


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。