スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大歩危の夏

20100720z.jpg

照りつける夏の日差しの中、特急”南風”は高知を目指す。

<撮影地> JR四国 土讃本線 大歩危駅
<データ> Canon EOS 10D / Tamron SP 17-35mm f2.8-4.0

      1/1000s  f4.0  ISO:100

<撮影こぼれ話>
初期のデジタル一眼で撮影した1枚です。このころはまだまだフィルムにはかなわないと思いながら使っていました。
AFも貧弱で、我慢しながら使っていた記憶が蘇ります。

banner_88_31_1.png にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
関連記事
スポンサーサイト

Comment

[441]

R25さん、おはようございます。
険しい山と渓谷の中の秘境駅
私は小歩危駅でこのお写真と同じような状況を経験しました。
特急の通過待ちのため15~20分くらい普通列車が停車
するんですよね?
都会では考えられない状況ですが、乗客の方も時間を気に
することなく、外へ出て記念写真を撮ったり、飲み物を購入したり
と時間を楽しみながら待っておられますね。
奥の山の中腹に見える家らしき建物が山深い秘境の印象が
漂ってきます。

[442] beach-windさん、こんばんは

beach-windさん、こんばんは。
四国山地は山が険しいために、今でも秘境ムード満点です。
ほとんど平地がないこの場所ですが、それでも観光の拠点としてバスやタクシーが駅前に待っています。
ローカル駅とはちょっと違う賑やかさがこの駅の魅力だと思います。

[443]

大歩危は南風で通っただけなのですがすごい所に駅をつくったなあと思いました。
琴平から阿波池田の手前のU字状の坂を下るのもかなりきつそうなので土讃線に2000系が必要な理由がよくわかります。
普通でコトコトいくのは楽しそうですが、本数が少ないのはやっぱりネックですね。

[445]

高松に上陸すると、四国はなんて穏やかなところなんだろうと思うのですが、四国山地に入ると様子が一変、山岳地帯の険しさは、信州にも引けを取らないのではないかと思うこともあります。
こんなところに鉄道を通すのは、たいへんな苦労があったことでしょうね。
高性能な2000系は颯爽と駆け抜けていきますが、蒸気機関車の時代にはさぞかし時間がかかったことでしょう。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://motordrive.blog66.fc2.com/tb.php/204-de38e802

«  | HOME |  »

プロフィール

ROUTE 25

Author:ROUTE 25
関西を中心に取り溜めた写真を公開しています。

↓ブログランキング参加中
banner_88_31_1.png にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

↓PHOTOHITOにて画像公開中

PHOTOHITOブログパーツ


FC2カウンター


カテゴリ

ごあいさつ・リンク紹介 (20)
鉄道写真 JR西日本 (131)
鉄道写真 JR西日本(阪和・紀勢) (37)
鉄道写真 阪堺電車 (15)
鉄道写真 関西私鉄 (89)
鉄道写真 地方私鉄・市営交通・海外 (35)
ネイチャーフォト (9)
スナップ 都市風景 (12)
R25の機材部屋 (35)
R25の鉄道部屋 (19)
駅探訪・秘境駅探訪 (17)
その他 (2)
JR(除 西日本) (11)
鉄道写真 JR(西日本以外) (5)

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム


RSSリンクの表示


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。