スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スピードライト 580EX II 購入

私はストロボ撮影をあまりしません。
これまでは旅先での夜のスナップなど、どうしても必要な場面だけで、40Dの内臓ストロボで済ませてきました。

キャノン純正スピードライトはEOS 650を使っていたときに購入した420EZを20年以上にわたって愛用。
最新の機種にオートで使えなくなっても、使用頻度が低いことからそのままこの機種を所有してきました。
ETTL IIに対応していないために使用頻度はほとんど皆無となり、最近は表面が加水分解によりベタベタに・・・
使わないスピードライトなど必要ないと思い、先日処分したところでした。

ところが、我が子の写真を見ていた時のことです。
リビングの明るさにより逆光気味であることに加えて、反射の関係なのか顔の中心部分に薄く影がでてしまいます。
やっぱりストロボは必要かなと感じたのと、これから長い付き合いになる1D3に最適化されたスピードライトが欲しいという2つの理由からスピードライト購入を決意しました。

先日、キャノンからEOS 5D Mark IIIと一緒に発表された600EX-RTも気になったのですが、
ワイヤレス撮影まで本腰を入れるつもりはなく、底値と思われる580EX IIを購入しました。
価格は\41,000。以前買いたいと思った時には\46,000ぐらいだったように思うので、この値段なら納得です。

120310-01.jpg

580EX IIは420EZより一回り大きく、カメラバッグの中では望遠レンズ一本程度のスペースを占めます。
ただし、カメラにつけてしまえばそれほど大きさを感じることはありませんでした。
使用電池が420EZと同じ単三4本なので、重さがあまり変わらないからだと思います。

120310-01-3.jpg

カメラへの取り付けは、ネジによる固定からワンタッチのレバー式に。
この取り付け方法はかなり快適です。
防滴仕様になっているし、固定するプレートがプラから金属になっているのも安心できます。

120310-03.jpg

スピードライトの操作は従来はボタン式でしたが、EOS背面のようなボタンとダイヤルがつき、
かなり快適に設定できるようになりました。
正直、420EZの各設定はかなり面倒でした。
スピードライト自身も使いやすくなっているのですが、スピードライトの設定はすべてカメラ本体で
できるようになっており、以前の使い方には戻れないほどに快適です。
カスタムファンクションも液晶表示ではどんな内容かわかりませんが、カメラ本体では内容も表示してくれます。

120310-02.jpg

たわいもないことなのですが、このスピードライトの不思議なところは液晶のバックライトがグリーンであること。
EOS-1系はずっとブルーだし、フィルム時代は620、3などもブルーでした。
420EZもバックライトはブルー。

デジになってからはも1はブルー。
プリンタのPro9500もLEDはEOS-1に合わせてブルーと書かれてましたし、その他のEOSデジタルはオレンジ。
なぜグリーンにしたのか、よくわかりません。
ブルーとオレンジが選べるようになっていれば嬉しいのですが・・・
実用上まったく問題のないことではありますが、ブルーやオレンジのバックライトはカッコイイですよね。

120310-01-4.jpg

わが子の撮影のために購入したスピードライト。これから我が家では大活躍しそうです。
1D3はこれから長く使うつもりで購入したので、連動する580EX IIも420EZ同様長い付き合いになりそうです。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

[1422] おひさしぶりです。

  自分はストロボはまだまだですが、とても操作しやすそうですね。グリーンのライトも良いと思います。

[1423] はぐるまさん、こんにちは

はぐるまさん、こんにちは。
デジタルになってからは高感度にも強くなり、正直以前ほどストロボが必要と感じる場面はありませんね。
ストロボが内蔵されている機種があれば、内臓ストロボで間に合うことが大半だと思います。
これからはライティングにこだわる人だけが買う商品になっていくような気がします。

[1424]

デジタルになってからはほとんどストロボは使わなくなりました。
使うといったら何かの集まりの時くらいなのでタンスの肥やしと化しています。
昔からあるアクセサリーではありますが、いざ使うとなれば意外と難しいので嫌われるのかもしれません。
強すぎたり弱すぎたりで失敗してもすぐに判るデジタルの方が相性がいいのかな、と感じます。

[1425] 見るだけで重そう・・・(笑)

こんばんは。
幸いにも内蔵ストロボが有るAPS-C機を使っているので
何とか騙し騙しながらスピードライトは購入せず済んでいます。
フィルム時代のガイドナンバー計算をしてのストロボと違って
今のスピードライトの性能は凄いのでしょうね?
でも580EX II位の光量が有ればバウンスやデュフューズで
柔らかな光を回す事が出来ますので使い勝手は高いと思います。
多灯ライティング沼?が有るのかどうかは知りませんが
自分で光を作る作業も面白いかも知れませんね。

[1426] ちよほかさん、こんばんは

ちよほかさん、こんばんは。コメントを頂いていたのに、返事が遅くなってしまいすみません。
ストロボは使用頻度が低く、これまで内臓ストロボで済ませてきたのですが、さすがにデジタルに対応していないストロボと内臓ストロボだけでは無理があり、購入に至りました。
実際に使ってみたのですが、調光補正をかけてもストロボは自然光の雰囲気には程遠く、使い方にはかなりの研究が必要だと感じています。
果たして使いこなせる日は来るのでしょうか・・・

[1427] bigwest_1965さん、こんばんは

bigwest_1965さん、こんばんは。コメントを頂いていたのに、返事が遅くなってしまいすみません。
おっしゃるように、内臓ストロボでも記念撮影ぐらいなら何とか間に合いますよね。
私もそう思って今までは内臓ストロボと古いクリップオンストロボを使ってましたが、580EX IIは今が底値だと思って購入しました。
人物撮影で積極的に使っていこうと思ってはいるのですが、難しそうです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://motordrive.blog66.fc2.com/tb.php/385-ccc38160

«  | HOME |  »

プロフィール

ROUTE 25

Author:ROUTE 25
関西を中心に取り溜めた写真を公開しています。

↓ブログランキング参加中
banner_88_31_1.png にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

↓PHOTOHITOにて画像公開中

PHOTOHITOブログパーツ


FC2カウンター


カテゴリ

ごあいさつ・リンク紹介 (20)
鉄道写真 JR西日本 (131)
鉄道写真 JR西日本(阪和・紀勢) (37)
鉄道写真 阪堺電車 (15)
鉄道写真 関西私鉄 (89)
鉄道写真 地方私鉄・市営交通・海外 (35)
ネイチャーフォト (9)
スナップ 都市風景 (12)
R25の機材部屋 (35)
R25の鉄道部屋 (19)
駅探訪・秘境駅探訪 (17)
その他 (2)
JR(除 西日本) (11)
鉄道写真 JR(西日本以外) (5)

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム


RSSリンクの表示


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。