スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豊橋鉄道渥美線 乗車

豊橋方面へ向かった際に、豊橋鉄道に乗車してきました。
豊橋鉄道はJR豊橋駅に隣接する新豊橋駅から三河田原駅に向かう渥美線(20.9km)と市内線の東田本線(総延長5.6km)の2系統を持つ鉄道会社で、名鉄の連結子会社です。名鉄と同じく狭軌を採用していました。

130113-01.jpg
新豊橋駅はJR豊橋駅の南に位置しており、島式1面2線の新しい駅でした。
ホームには必ず1編成が停車しており、待たずに乗れるようになっていました。
駅改札は自動改札ではないものの、ICカードのmanacaも使用可能。
電光掲示板も設置され、想像していたより近代的なのに驚きました。
地方私鉄というと経営難から運行本数も少なめという想像をしがちですが、
渥美線はなんと日中15分ヘッドで3両編成が行き交います。
盲腸線は先に行くほど需要が少なく、途中駅で折り返す運行もあるのかと思っていたのですが、
改札で時刻表を受け取って調べるとほとんどの列車が全区間の運行となっていました。

130113-01-2.jpg
車両は1形式のみのようです。かつての東急7200系だそうです。
ワンマン化はされておらず、必ず車掌も同乗するようです。
無人駅では車両が改札業務も行うようですが、16駅中6駅は有人駅。
予想以上に有人駅が多かったです。
単線ですが途中の8駅が対向可能となっていました。

130113-01-8.jpg
車両の塗装は赤、青、緑の3種類と「なのはな号」という黄色のラッピング車両の合計4種類。
あとから調べてみると大半が赤で、青は「なぎさ号」の塗装、緑は新デザインだそうです。
ということはいずれは緑に変更されていくということになり、
今はカラーバリエーションを楽しめる時期ということになりそうです。
「なのはな号」は車内も黄色にデコレーションされ、華やかな雰囲気。
渥美半島は早くに菜の花が咲くことで有名なようで、菜の花を使った観光誘致のための列車のようでした。

三河田原方面の1枚目と2枚目のドアの間は自転車も乗車可能となっており、
自動車に対する対抗策に苦労している様子が伺えました。

130113-01-7.jpg
豊橋は飯田線乗車のために乗り換えたことが一度あっただけで、市街地に出たことはありませんでした。
人口40万人弱の豊橋市は、関西では和歌山市に匹敵するため、和歌山電鐵貴志川線と同じような
経営状態を想像してましたが、それよりは都市型の路線という印象を受けました。
これだけ健闘できているのは、豊橋が新幹線や東海道本線といった日本の動脈の中継地点となっており、
人口以上に都市としての機能が充実しているのかもしれません。
地方のローカル線、ローカル私鉄の状況を見ていると悲しくなることが多いのですが、
意外に活気があることに少し安心しました。
長距離輸送や大都市圏の通勤を除いて鉄道は不利な状況にありますが、今後もがんばって欲しいと感じました。

banner_88_31_1.png にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
関連記事
スポンサーサイト

Comment

[1510] 再開お待ちしていました!

こんにちは。
豊橋鉄道といえば鉄道無知に近い私にとって旧名鉄車が活躍していた
印象があったのですが今は元東急車が活躍しているのですね。
それにしても元東急車の活躍ぶりは凄いですね。
車体や台車を含めて一体どれだけ全国に散っているのか?
最初は地方私鉄にステンカラーは違和感たっぷりでしたが
慣れとは恐ろしいもので最近は何とも思わなくなりました。
むしろステン車体におけるカラーリング(ラッピング?テーピング?)に
各社の個性が出て面白い様な気がします。

[1511] bigwest_1965さん、こんばんは

しばらく更新していなかったのに、記事をアップしてすぐのコメント本当にありがとうございます。
東急車輛、今や全国のローカル私鉄で活躍してますね。狭軌であることも使いやすい理由でしょうか。
私もステンレス車はローカル線には似合わないと思ってましたが、最近の車両と違い角ばったデザインがレトロ感を醸し出すようになってきました。
JRも地方でステンレス車が新造で投入されており、そのうち全国の鉄道でステンレス車があたりまえになっていそうです。

[1516] 地元の鉄道

初めまして。

豊橋鉄道懐かしいです。 というのも、20年ちょっと沿線の南栄という駅の近くに住んでいましたので、とても馴染みが深い電車でした。
新豊橋駅は2、3年前に今の位置に新しく作られたのですが、以前は数十メートル北にあってJRや名鉄本線とのアクセスがあまり良くなかったんですよ。(プラットホームには線路が1本しかなかったし)

飯田線や市内線(路面電車)もそうですが、身近にある時は当たり前の存在になっていて特に印象も無かったのですが、地元を遠く離れこうやって改めて見ると味わい深くて、良いもんだなぁと思いました。

[1517] 貴さん、はじめまして

貴さん、はじめまして。
新豊橋は近代的な駅だったので、最近作られた駅だとは思ってましたが、場所まで変わっていたのですね。
地方都市の多くは「鉄道=JR」ですが、豊橋は豊鉄が2系統あり、名鉄があって飯田線も元は私鉄。
私鉄が発展してきた町というのは、活気を感じさせます。
全く見ず知らずの者から見た時、豊鉄の存在は元気な豊橋をイメージさせます。

[1518] お待ちしていました。

 お久しぶりです!。豊橋鉄道に行かれていたのですね。ブラックフェイスになっていく豊鉄の車両をみると複雑な思いはしますがいつか菜の花が咲く時期に乗車したいと思います。

[1520] はぐるまさん、こんばんは

はぐるまさん、こんばんは。
豊鉄というと古い東急車輛が帯の色を変えて走っているようなイメージを持っていたのですが、
改札を入ってすぐにブラックフェイス、それも既存の東急車輛をブラックフェイス化した車両に
出会うとは意外でした。
中京圏のICカード”manaca”も使用でき、想像以上に近代化された都市近郊路線であることに驚きました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://motordrive.blog66.fc2.com/tb.php/407-8d275a7c

«  | HOME |  »

プロフィール

ROUTE 25

Author:ROUTE 25
関西を中心に取り溜めた写真を公開しています。

↓ブログランキング参加中
banner_88_31_1.png にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

↓PHOTOHITOにて画像公開中

PHOTOHITOブログパーツ


FC2カウンター


カテゴリ

ごあいさつ・リンク紹介 (20)
鉄道写真 JR西日本 (131)
鉄道写真 JR西日本(阪和・紀勢) (37)
鉄道写真 阪堺電車 (15)
鉄道写真 関西私鉄 (89)
鉄道写真 地方私鉄・市営交通・海外 (35)
ネイチャーフォト (9)
スナップ 都市風景 (12)
R25の機材部屋 (35)
R25の鉄道部屋 (19)
駅探訪・秘境駅探訪 (17)
その他 (2)
JR(除 西日本) (11)
鉄道写真 JR(西日本以外) (5)

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム


RSSリンクの表示


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。