スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<関西駅探訪9> 南海高野線(汐見橋線) 汐見橋駅

shio1.jpg
 関西駅探訪、第9弾は都会のローカル駅、汐見橋駅の紹介です。

 南海高野線はもともとこの汐見橋を起点として開通しましたが、高野線が岸里から南海本線の難波まで乗り入れることになり、本線から切り離された路線となりました。現在は汐見橋?岸里玉出を2両編成の電車が30分おきに走る、のんびりした路線となっています。
 登録上は南海高野線の一部ですが、独立した運行状態のため、通称汐見橋線と呼ばれています。

shio2.jpg
 地下鉄桜橋駅の西側に、この駅はひっそりと建っています。駅の側にコンビニ等があるわけではなく、すぐ隣はオートバックスでひっきりなしに車が出入りするのに対し、鉄道の利用者はわずかです。
 駅舎は鉄筋コンクリート造りで、年季が入っているけれどレトロ感を感じるほどの時間を積み重ねたわけでもありません。

 駅舎はホームの先にあり、この先に線路を延ばすことができないようになっています。この駅を開業した当時の駅名は「道頓堀駅」。大阪の玄関として、大きな期待がかけられていたことがわかります。
 この駅の少し北に道頓堀川が流れていますが、繁華街の道頓堀までは少し歩かねばならず、都心のターミナルとしては、開業当初から少し不利な立地条件だったことが想像されます。

shio3.jpg
 鉄筋コンクリートの無機質な駅舎に入ると、中は天井の高さもあり、広々としたターミナルらしい空間が広がっています。この辺りは、やはりターミナルとして造られただけのことはあるなと感じます。

 有人駅で、自動券売機のほかに窓口もあります。券売機や自動改札がなければ、昭和初期と見間違うような雰囲気の駅です。

 改札の上には、これまた年季の入った沿線観光マップがあります。一部破れているのが残念です。この案内はかなり古いものですが、沿線の観光案内のパンフレットも豊富に揃っています。

shio4.jpg
 改札をぬけると、すぐに1面2線のホームがあります。木造の屋根が美しく、駅舎の外観のような無機質さは感じません。屋根を支える鉄骨のアールも、どことなく優雅さを感じさせます。

shio5.jpg
 線路先端の車止めの先は、小さいながらも庭園になっています。池があり、花があり、植栽も行き届いています。見落としてしまいそうな小さな庭園ですが、大阪市内の駅とは思えない風流な空間です。こうした小庭園が残っているのも利用客が少ないからでしょう。利用客が多ければ、清涼飲料水の自動販売機でも置かれていたかもしれません。
 古くても清潔で手入れの行き届いた状態で維持されていることは、駅員さんの熱意を感じます。
shio6.jpg
 古ぼけた駅舎のすぐ隣は、開業間もない阪神なんば線の桜川駅です。時間が止まったような汐見橋駅とのギャップが印象的です。
 当初、この駅も汐見橋の名前が候補に挙がっていましたが、もし汐見橋になっていたら、南海汐見橋駅の知名度ももう少し上がっていたことでしょう。現状では、桜川と汐見橋が同じ場所にある駅であることをしらない大阪市民も多いと思われます。
shio7.jpg
 将来は大阪市営地下鉄なにわ筋線へ乗り入れると期待されていた汐見橋線ですが、ここへきてなにわ筋線が難波駅につながるという案も浮上してきました。採算がとれているとは思えない路線だけに、なにわ筋線構想のために残されていたとも考えられます。しかし、南海電車としてはターミナルが難波と汐見橋に2極化されてしまうのは現実的ではなく、しかもミナミの中心地として発展著しい難波を避けるようにしてこちらに列車を走らせるのは得策ではありません。なにわ筋線構想からもはずれる可能性がある今、汐見橋駅の立場は微妙です。大阪市内で気軽に味わえるタイムトラベルの旅、関西の鉄道ファンなら一度は訪ねておいても損はないでしょう。
Tetsudo.com
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

Comment

[28] No title

道頓堀から歩いていける距離にこんな駅があるとは驚きです。
微妙な立場の駅なのですね…
こういった駅はあまり紹介されていませんし(知らないだけ?)、行ったようで行っていないので新鮮です。

[29] No title

ラッシュ時でも余裕を持って座れますし、道頓堀や京セラドーム大阪へも歩けるとはいえ、歩くと微妙な距離ですし・・・。
大阪市内でもここは忘れられた場所という雰囲気ですね。
BITOTABIさんもぜひ一度、訪ねてみてはいかがですか?

[30] No title

ほんとに汐見橋と木津川は?な場所ですよね。
パチンコ屋の広告の電話番号が大昔のだったり
30分に一本しか来なかったり。
ここに慣れると新幹線がすごすぎます。

[32] No title

さすがはちよほかさん、木津川駅をご存じでしたか。
汐見橋線を見ていると、鉄道というのは経路によってここまで差が出るものかと驚かされます。
新幹線と比べると、まさに対局に位置するような路線ですよね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://motordrive.blog66.fc2.com/tb.php/61-e23726ed

«  | HOME |  »

プロフィール

ROUTE 25

Author:ROUTE 25
関西を中心に取り溜めた写真を公開しています。

↓ブログランキング参加中
banner_88_31_1.png にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

↓PHOTOHITOにて画像公開中

PHOTOHITOブログパーツ


FC2カウンター


カテゴリ

ごあいさつ・リンク紹介 (20)
鉄道写真 JR西日本 (131)
鉄道写真 JR西日本(阪和・紀勢) (37)
鉄道写真 阪堺電車 (15)
鉄道写真 関西私鉄 (89)
鉄道写真 地方私鉄・市営交通・海外 (35)
ネイチャーフォト (9)
スナップ 都市風景 (12)
R25の機材部屋 (35)
R25の鉄道部屋 (19)
駅探訪・秘境駅探訪 (17)
その他 (2)
JR(除 西日本) (11)
鉄道写真 JR(西日本以外) (5)

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム


RSSリンクの表示


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。