スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初ペンタ  PENTAX Q10

デビュー時より気になっていたペンタックスQ10。
小さいながらも一眼レフとしてシステムを構築しており、
交換レンズは実に8本にも及ぶ。

ペンタからは、銀塩時代、コンパクトな110フィルムを使う本格一眼レフシステムAuto 110がラインナップされていたが、あのコンセプトが現在の機能や嗜好にあわせて生まれ変わったようなコンパクトな一眼レフシステムだ。

そんなQ10が、今投げ売り状態になっている。アマゾンでレンズキットが19800円。お小遣いでも手が届く驚きの低価格。
気がつけば家電量販店のたまっているポイントで十分買える値段にまで下がっていた。

_MG_6243.jpg
というわけで、ポイント19800をQ10レンズキットに交換してきた。
衝動買いと言われてもしかたがないが、電気屋には購入に行ったものの躊躇するということを2回繰り返し、3度目の正直で購入。ためらいの理由は、普段持ち歩いているGRD4と共存できるかということだった。

_MG_8910-32.jpg
我が家には現在、合計4台のコンデジが転がっている。
手放せない(手放しても仕方がない)ので残しているコンデジもあるが、普段使いとして購入したPowershot S100はGRD4のあまりの良さにメイン機の座を奪われる結果となった。ここで誤解のないように弁解しておきたいのだが、S100はすばらしいカメラである。コンデジとは思えないほどよく写るし、多機能で操作性も優れている。しかし、GRD4は写真好きをうならせる単焦点レンズならではの画質の良さや、インターフェイスの秀逸さ、緻密で高級感あふれるボディーが他のカメラと別格なのだ。
つまり、私は簡単かつきれいに写ることをカメラに求めているわけではなく、多少癖があってもそれを使ってみたいと思わせる魅力を求めているわけで、要するにふつうでは満足できないのだ。

さて、このQ10だが、店頭で見ているだけでも質感はGRD4の相手にはならない。使い勝手も普通の入門一眼レフのようだし、センサーサイズもコンデジレベル。そのあたりが躊躇した理由なのだが、それでも購入に踏み切ったのはレンズキットの値段があまりにも安いことと、交換レンズ群が考えられないほどに安いことが大きい。

_MG_6248.jpg
その交換レンズ群だが、これがまた実に個性的で、標準ズーム・望遠ズームの他にも超広角ズームまでがラインナップされている。高画質な単焦点標準レンズも用意されている。
また、これら通常のレンズ群の他にも、トイレンズ群がラインナップされている。
ワイド・テレ・魚眼・ボディーキャップ代わりのマウントシールドレンズの4本だが、どれもMFではあるが価格も激安である。安いもので4000円台という驚きのプライスがついている。

Q10は1/2.3型という豆粒センサーなので画質はあまり期待できないが、格安でいろいろなレンズが用意されているのは魅力。画質を追求するものではなく、レンズ交換を楽しむカメラなのだと割りきって考えることができる。
こうしたユニークな商品開発は、大手メーカーでは難しいと思う。ペンタだからできた商品ではないだろうか。
今後もニコンやキャノンから、このようなレンズは出てこないと思うのだ。

_MG_6249.jpg
サイズはかなり小さく、正面から見たところ、なんとGRD4よりも小さい。
レンズの出っ張りはあるが、仕事鞄に忍ばせることも無理ではない。
ボディーの重量も軽いが、どのレンズも100gを切っているというのも凄いことだと思う。

カメラの佇まいも昔の一眼レフっぽく、素材はともかくデザインはすばらしい。
PENTAXのロゴがプリントではなく凹んだ中にインクを流し込んでいるのも凝っていて嬉しい。

_1003287.jpg
撮影時に切り替えるボタン・ダイヤル類の使いやすさやメニューの使いやすさは使い込まないとわからないが、モードダイヤルと親指ダイヤル、十字キーを備え、カメラ好きならば触っていればわかるような印象を受ける。小さくてもダイヤルを備えていることはポイントが高いし、ボタン類のレイアウトも特におかしなレイアウトはなさそうだ。

グリップの側面から裏面にかけてはプラスチックなので、この辺りは滑り止めにゴムなどを貼っていると持ちやすくなりそうだ。家電量販店の展示機は、右手親指がくるあたりがテカテカになっていた。

_1003289.jpg
内蔵ストロボは大きく飛び出す。飛び出さなくても発光はできる。
なんでも、ストロボ光のケラレ対策らしいが、それでもここまで光軸から離す必要があるのかはよくわからない。
縦位置・横位置ともにレンズ中央からストロボまでの距離が同程度なのは、狙って設計したのだろうか。

メニューを押すと背面の液晶にメニューが表示されるが、RAW撮りはできるわ、多重露出はできるわ、インターバル撮影はできるわ、測光は3方式あるわと一眼レフなみのメニュー。小さいながらも、機能は一人前だ。

まだ箱から出して充電中なので、実戦投入しながらこのカメラの癖を掴んでいこうと思う。
しかし、こんなカメラが2万円を切るとは・・・
この価格で売っていて大丈夫なのかと、経営面が心配になってしまう。

MORE »

EOS 40DからEOS 6Dへ

私の機材はEOS-1D mark IIIとEOS 40D。ともに今となっては時代遅れの1010万画素。
1010万画素で大きな不満はないとはいえ、フルサイズ化&高画素化計画は当然頭のなかにありました。

これまでキャノンのフルサイズといえば、1Ds3と5D2。1Ds3は価格が論外。
5D2が20万を切ってからは導入を検討しましたが、動体を撮ることを考えると、
レスポンスはまだまだ満足できるものではありませんでした。

そして待ちに待った5D3の登場。しかし、5D3は5D2よりも更に上級にシフト。
発売後の高値が落ち着いても25万を超える高額商品となってしまいました。
何度も家電量販店で手にとってみましたが、連写とAFが大幅にパワーアップしたとは言え、
割高感は否めません。

廉価版フルサイズが登場するという噂もあり、そこへ登場したのが6D。
広告は軽さが売りで、当初は何の興味も湧いてこないカメラでした。

ところが、いざ6Dが登場してしばらく経つと、巷の評判は非常に良く、画質・AFともに暗所に強いという評判。
その評判を耳にするうちに、次第に気になる存在になってきました。
またまた家電量販店で5D3と比較。
結果、性能・重量・価格のバランスがとれたお買い得品という印象がますます強くなりました。

IMG_1884.jpg
「いつかはフルサイズ」と心に決めて5年以上たったでしょうか。
ようやく6Dでフルサイズを手に入れることができました。

650からのEOSユーザーにとって、初期のEFレンズがそのままの画角で使えるというのは本当に嬉しいこと。
それだけでも十分フルサイズ導入の意義があるというのに、6Dの魅力はそれにとどまりません。
その最たるものが高感度画質。


IMG_0094-2.jpg
ISO 12800で撮影。クリアーで完全に常用域です。
これまで私が所有していたカメラは最大で上限がISO6400までしか設定できないというのに、このカメラはそれを上回るISO25600までなら使えそうな印象を持ちました。

新戦力6Dの導入により、風景やマクロ撮影、子供の写真などは6Dに完全に移行しそうです。
鉄道撮影だけは、まだまだ1D3が必要だと思っていますが、対象によっては6Dで十分かもしれません。

待ちに待ったフルサイズ。
これからは6D+単焦点で身軽なフォトライフを楽しんでみようと思います。

寄れる!GRD4

GRD4には1cmまで寄れるマクロ機能があります。
これまでマクロ撮影をしてもなかなかうまく使えなかったのですが、
フォーカスをMFに切り替えるとうまく活用することができました。

20130426.jpg

身近に咲いていたツツジを撮影。
AFでは寄り過ぎるとピントが合いにくいし、意図したところにピントが来ません。
ところがMFに切り替えると、意図したところにピントを持ってこれます。
コンデジでMFというと合わせづらそうな印象がありましたが、
背面の上下ボタンで簡単に焦点を移動できました。

新たな使い方を発見。
GRD4、まだまだ楽しませてくれそうです。

GR DIGITAL III / IV 専用 ワイドコンバーター GW-2を試す

GR DIGITAL III/IV用のワイドコンバーター GW-2を購入しました。
このワイコンは、本来28mmのGRの画角を21mm相当に広げてくれます。

このGW-2、単独で使用することはできません。
フードアダプターGH-2を取り付け、その上に取り付けて使います。
GR DIGITAL IVに取り付けると、こんな感じに・・・。

IMG_3451.jpg

雰囲気は、高倍率ズーム機やミラーレス一眼のような感じになります。
GRD本来のコンパクトさが犠牲になりますが、身軽にしたいときは置いていけばいいだけの話。
GW-2とGH-2を合わせて1万5千円。この値段で21mmの画角が追加できると考えれば安いものです。

フードはゴム製。衝撃を吸収する働きもあり、悪くないかなと感じました。
ただ、バヨネット式ではないため、気をつけないと思いがけない角度にずれていたということも考えられます。

GH-2の取り付けには、レンズ周辺のリングを外す必要があります。
そして、バヨネットマウントのレンズを取り付けるように、指標をあわせて回転させます。
GH-2にGW-2をつけておき、本体のリングを外しておけば、簡単に21mm相当に変更できます。

_1001720.jpg
本体の28mm相当のレンズで撮影。

_1001721.jpg
ワイコンGW-2を取り付け、21mm相当で撮影。
一回り広く写るようになっています。
21mmはもっと遠近感が誇張されるという印象を持ってましたが、わりと自然な印象で写っているように感じます。

このワイコン、すばらしいのは画質の劣化をあまり感じないこと。
正直、私の眼にはまったく劣化しているように感じられません。

購入までは、せっかくコンパクトなGRDが大きくなってしまうだの、本体と比べて質感が低いだのといった評判が気になりましたが、実際に手にするとそんな細かいことが気になりませんでした。
もともと魅力あるGRDの魅力を、さらに引き出す良いオプションだと思います。

今夜もGRD4

20130322.jpg

仕事帰りにGRD4でスナップ。
このカメラ、なぜもっと早くに買わなかったのだろうと思うぐらい、素晴らしいカメラです。

201303222.jpg

今日は新兵器のワイコンGW-2も使用。
装着するともはやコンデジではありませんが、
気軽に21mmを楽しめるのは魅力です。

«  | HOME |  »

プロフィール

ROUTE 25

Author:ROUTE 25
関西を中心に取り溜めた写真を公開しています。

↓ブログランキング参加中
banner_88_31_1.png にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

↓PHOTOHITOにて画像公開中

PHOTOHITOブログパーツ


FC2カウンター


カテゴリ

ごあいさつ・リンク紹介 (20)
鉄道写真 JR西日本 (131)
鉄道写真 JR西日本(阪和・紀勢) (37)
鉄道写真 阪堺電車 (15)
鉄道写真 関西私鉄 (89)
鉄道写真 地方私鉄・市営交通・海外 (35)
ネイチャーフォト (9)
スナップ 都市風景 (12)
R25の機材部屋 (35)
R25の鉄道部屋 (19)
駅探訪・秘境駅探訪 (17)
その他 (2)
JR(除 西日本) (11)
鉄道写真 JR(西日本以外) (5)

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム


RSSリンクの表示


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。